Return to site

平成29年度税制改正による配偶者控除と配偶者特別控除

1.改正の概要

テキストを追加する

 29年税制改正での配偶者控除額の対象となる控除対象配偶者の所得金額は従前のまま合計所得金額38万円(給与収入では103万円以下)ですが、控除を受ける居住者の所得金額によって控除額が削減されます。
また、配偶者特別控除の対象となる配偶者の所得金額は、下記のとおり段階的に123万円以下と拡大されました。しかし、控除を受ける居住者の合計所得金額によって控除額は大きく異なることとなり、900万円を超える場合には控除額が縮小されました。 

2.配偶者控除

居住者の合計所得金額で縮小も  居住者の合計所得金額900万円以下950万円以下1,000万円以下老人控除対象48万円32万円16万円上記以外の控除対象配偶者38万円26万円12万円

3.配偶者特別控除

 配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下(現行76万円未満)へ引上げ、しかし居住者の所得金額で控除額の縮小も居住者の合計所得金額900万円以下950万円以下1,000万円以下配偶者の合計所得金額   38万円超85万円以下38万円26万円13万円90万円以下36万円24万円12万円95万円以下31万円21万円11万円100万円以下26万円18万円9万円105万円以下21万円14万円7万円110万円以下16万円11万円6万円115万円以下11万円8万円4万円120万円以下6万円4万円2万円123万円以下3万円2万円1万円

4.改正前

区分控除額  一般の控除対象配偶者38万円  老人控除対象配偶者48万円      配偶者の合計所得金額配偶者特別控除の控除額配偶者の合計所得金額配偶者特別控除の控除額38万円を超え40万円未満38万円65万円未満16万円45万円未満36万円70万円未満11万円50万円未満31万円75万円未満6万円55万円未満26万円76万円未満3万円60万円未満21万円76万円以上0円
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly